福島 佳奈  Kana Fukushima

 

アーティスト

 

  2004年頃より国内外でパフォーマンスやインスタレーション作品を発表。

 近年では、"INTER-AKSYON"マニラ、ダグパン、”Interlakje"ワルシャワ、ピョートルクフトルィブナルスキ、"DJAMOE 4 Recipe for Health"バンドン、”InAct"ハノイ、”MIPAF"マカオ、"Cells Button 5"ジョグジャカルタ、“Pan Asia 4"ソウル、光州、韓国などのフェスティバル、イベント、グループ展などに招待される。

また、Dari mana? Indonesia Art exhibition(KAWAGUCHI Asian Art project関連事業)、Asian Youth Imagination(川口2008、ジョグジャカルタ2009)等のイベントや展示を企画。昨年は数回にわたり、“ありあるクリエーションズ”の企画に参加し、埼玉を中心に活動している。

 彼女の最近の作品は、人間性を形作る上でもっとも基本的な要素である、水、土、風、火を主なマテリアルとし、その土地や、季節により、様々な植物、小さな昆虫などを用いる。自然のサイクルや彼女自身の女性の体のサイクルを通して、今日のテクノロジーが発展し、物質主義的になった、この社会のなかに生きる私達と人間本体のもつ力の、大きな差を繊細に、小さな視点から探りだす。


Kana has interested in the performance arts since 2004,when she was 20 years old. She has published works in performance art and installation. To travel around Asia, have been living with her grandmother and family in full of nature in countryside in japan. Recent main materials of her works is the element most fundamental in shaping human nature.Such as water, soil, wind, and depending on the season and land she uses various plants and the insects . Through the cycle of a her woman's body and own natural cycle ,she explores the big difference the powers of the human body and the society that technology develop, become more materialistic,we live in today from the little perspective. Life without cease from our ancestors for generations have been bridged. From now on, we cannot control it ,even of produce.